コラム

誰でもできるレザー(牛革)バッグのお手入れ術

日常的にレザーのバッグを使っているのに使いっぱなしになっていませんか?

革製品を長く使うには傷や汚れへのケアは欠かせません。しっかりメンテンスをして素敵な経年変化(エイジング)を楽しみたいですよね。

でも、そもそもレザーの手入れって何をしたらいいかわからない……という方も少なくないでしょう。今回は市販のオイルを使った、誰でも簡単にできる基本的なメンテの方法を紹介します。オイルアップは頻繁に行えばいいというわけでもなく、オイルを入れすぎるとレザーに染み込んでしまいレザーを痛ませてしまう原因にもなるので、“適度”にメンテすることが大切です。目安となるタイミングはほぼ毎日使う人で1〜2か月に一回程度、オイルをうす〜く塗り込む程度で十分です。また、雨など水で濡れてしまった時は、オイルが抜けて乾いてしまうので、濡れたらその都度水分をしっかりと拭き取ってオイルアップをしてあげましょう。

キーファーノイが推奨するのはラナパーのレザートリートメント。あとクリームを塗りこむためのスポンジと拭き取るためのウエスを用意してください。ラナパーは成分に蜜蝋を含んでいるので、レザーを保湿しながら艶を蘇らせてくれます。そして、ブラシやクリーナーでレザーの表面の埃や汚れを軽く落としてから、クリームを使って作業スタートです。

スポンジにクリームを少量取りレザー表面に塗り込んでいきます。力を入れてゴシゴシ磨けばいいというわけではありません、銀面を傷つけかねないので、押し付けるのではなく表面を優しくなでるように塗り込みます。

ラナパーはファスナーにも使えるのがポイント。滑りが良くなり、光沢も蘇ります。縁のパイピングや細部の部材が汚れていると、バッグがみすぼらしく見えてしまうので、細部まで丁寧にオイルを塗り込んでください。

そして、乾いたウエスでクリームを拭き取ります。こちらも表面を傷つけないようにゆっくりと丁寧に作業してください。余分な油分を拭き取ったら、風通しが良い場所で軽く乾燥させて作業完了です。

左半分がクリームを塗って、右半分は手入れをしていない状態。オイルアップをすると油分がレザー表面で薄いコーティングとなり光沢感が蘇り、透明感のある質感を維持できます。キーファーノイのチャオシリーズは染料によるカラーリングが魅力です。オイルアップは染料の褪色を防ぐ効果もあるので、美しい色味を維持するためにも適度にメンテナンスする習慣を身につけましょう。

右のバッグはまだ1年程度と使用年数が浅めですが、左は5年間、週に3回程度使っていても、定期的にメンテをしているので綺麗な状態を維持できています。汚れや傷みを味と捉える見方もありますが、レザーは汚れ方や色の抜け方によっては安っぽく見えてしまうので要注意。特にビジネスバッグとしても使う場合は汚れは絶対NGです。オイルによるコーティングがされていれば色が抜けても光沢感があるので、美しいエイジングが完成します。使わない時の保管は、直射日光を浴びていると色が抜けやすい湿気が少なく日が当たらない場所に保管するのがベストです。レザーバッグは清潔感も大切なので、光沢のある美しいレザーの状態を保ちたいですね。

 

投稿者プロフィール

株式会社マツモト
株式会社マツモト運営
戦後間もない昭和23年にかばん類の卸売から始まった株式会社マツモト。日本の文化とも言えるランドセルをはじめ、そのモノづくりのDNAを受け継ぐメンズバッグブランド「Kiefer neu」を展開しています。

関連記事

  1. 大人のBAGの持ち方指南!〜カジュアル編〜
  2. あとがき「Kiefer neuと出会って改めて感じたビジネススタ…
  3. 覚えておきたいカバンの用語事典
  4. デザイン性、機能性、あなたはどっち寄り? デザインと機能のバラン…
  5. バッグ専門店だけじゃない!キーファーノイの魅力を紐解くユニークな…
  6. 道具にこだわる男のトラベルグッズ。〜ビジネス編〜
  7. ビジネスマンのバッグ選びは軽さが大事!Kiefer neuの軽量…
  8. 【経年変化】レザーのビジネスバッグを使い込むのはあり?なし?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集記事

コーディネート記事一覧

PAGE TOP