特集

ビジネスマンのバッグ選びは軽さが大事!Kiefer neuの軽量モデルランキングTOP5

ビジネスバッグ選びにはそれぞれのビジネススタイルに応じて、様々な基準がありますが、アンケートをとった結果、見た目や機能性に次いでバッグの軽さを重要視しているという意見が多く見られました。移動が多いビジネスマンは特に、「荷物を持って動き回っているだけで疲れてしまうので、100g単位でも軽い方が良い!」と考える人が多いようです。

そこで今回はKifer neuのビジネスモデルの中で軽量なモデルトップ5を紹介します。小さいバッグが軽いのは当然なので、今回はビジネスマンに人気が高いB4サイズの中でランキングを作りました。機動力を重視するビジネスマンは参考にしてみてください。

第1位 CREARE series KFN4300C

重量:1,170g

最も軽いモデルがレザーという意外性のあるチャンピオン。オイルドレザーを採用し、マットな質感を付属部分にあしらったさりげないコントラストが楽しめる逸品。装飾がシンプルに抑えられているので、幅広いビジネスシーンにマッチします。スタイリッシュなフォルムながらもクチが大きく開き、外にも内にも多くの小分けポケットを用意しているので使い勝手も抜群です。

Creareシリーズの特徴でもある、オイルをたっぷりと含ませしっとりした質感に仕上げられたレザー。しなやかで軽量なだけでなく、細かいシボ感が高級感を演出してくれます。

 

 

第2位 RAGNA Series KFN4400R

重量:1,240g

シリーズ名の通り、蜘蛛の巣のように張り巡らされたカットクロコがエレガントな雰囲気を醸し出し、外側にポケットがないソリッドなデザインが大人のビジネスファッションにマッチします。本体のレザーの光沢感が強いだけに、部材に使われたイタリアンレザーのマットな質感が引き立ちメリハリのあるデザインに仕上げられています。

全体のシャープなフォルムを構築する薄マチボディながらも、三方開きなので荷物の出し入れが非常にしやすい構造。外の装備がシンプルな分、内側には四つのオープンポケットと大型のファスナーポケットを備えた実用的な作りが特長です。

 

第3位 FIBRA Series KFN4600F

重量:1,240g

太番手のドビー織り素材を使用したブリーフケース。内装はメインポケット以外には大型のファスナーポケットとメッシュポケットのみのシンプルな構造なので、バッグインバッグなどで自由度の高い使い方が可能となっています。一見野暮ったくなりがちなブリーフケースですが、特徴的なカラーリングのイタリアンレザーを各部に配置することで完成した上品なデザインも魅力です。

キャリーバッグの持ち手に装着できるトラベル仕様が出張の多いビジネスマンには嬉しいディテールです。この状態ではコンパクトに収まっていますが、マチ幅を13cmまで拡大できるので、荷物が多いビジネスマンにもオススメのモデルです。

 

 

第4位 CIAO Series KFN1606C

重量:1,480g

Kiefer neuのビジネスラインの中でもロングセラーモデルとして支持され続けるブリーフバッグ。染料で着色したムラ感のあるカラーリングや装飾としてのスタッズなど、シンプルながらもデザイン性が高い独特のスタイリングが魅力です。細かく区切られた内装も充実していますが、外にも縦型ファスナーポケットやマグネットポケットなど個性的なディテールを備えています。

内装は三方開きの2層式なので荷物を細かく分けるのに非常に使い勝手が良い仕様。さらに、仕切りに加えてオープンポケット3つ、ファスナーポケットが1つ配されるので収納力も抜群です。

 

第5位 Buono B4 KFN1701B

重量:1,500g

しっかりとハリのある質感のナイロン生地は太番手の2色の糸を混ぜて織り込んだ上質な素材。イタリアンレザーを各部に配置し、トータルで柔らか印象のルックスに仕上げれています。幅を調整可能なマチや肩から背負える着脱式のストラップベルト、天ファスナーなど見た目だけでなく実用的なディテールを凝縮した贅沢なロングセラーアイテムです。

表面に配された短いベルトがつくオープンポケットが特徴。さらに、中に二つの小さなオープンポケットを用意するなど実用的で、頻繁に取り出す小物はここに収納しておくのが便利です。

投稿者プロフィール

株式会社マツモト
株式会社マツモト運営
戦後間もない昭和23年にかばん類の卸売から始まった株式会社マツモト。日本の文化とも言えるランドセルをはじめ、そのモノづくりのDNAを受け継ぐメンズバッグブランド「Kiefer neu」を展開しています。

関連記事

  1. 覚えておきたいカバンの用語事典
  2. 道具にこだわる男のトラベルグッズ。〜プライベート編〜
  3. デザイン性、機能性、あなたはどっち寄り? デザインと機能のバラン…
  4. スーツのスペシャリストに聞く!ビジネススタイルに柄モノバッグを合…
  5. トレンドカラーを取り入れたバッグでクリスマス気分を盛り上げる。
  6. 誰でもできるレザー(牛革)バッグのお手入れ術
  7. バッグ専門店だけじゃない!キーファーノイの魅力を紐解くユニークな…
  8. 道具にこだわる男のトラベルグッズ。〜ビジネス編〜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ特集記事

コーディネート記事一覧

PAGE TOP